出版と電子ペーパー

将来、独立して中小企業向けのコンサルティング会社を立ち上げる予定なので、日頃からビジネスに役に立ちそうな情報にアンテナをはっています。
ソニーからA4サイズの電子ペーパーが端末の試作機が展示会に出展されてようです。そして、10月から早稲田大学、立命館大学、法政大学の講義で使用する実証実験を行います。「授業のプロセスを効率化するとともに学習効果を高めることを目的」とし、20人ほどの授業で試作機を学生と教師に配布する予定。講義に使う資料や小テストの共有、学生によるレポートの作成、教師への提出、などを端末上でサーバーを介して行うとしています。
また、E Inkのフレキシブル電子ペーパー「E Ink Mobius」と、プラスチック基板上にTFTを高精度に形成するソニーの独自技術を採用。A4相当・13.3インチの画面に1200×1600ピクセルでモノクロ表示(16階調グレースケール)できる。紙文書と同じような文字サイズとレイアウトで、細かい文字もくっきりと読みやすいという。 さらにリチウム充電池で再長3週間を持つらしいです。これは、一般向けに発売するつもりはないそうですが、かなり売れそうな予感がします。一度何かの機会にふれてみたいと思いました。

Leave a Comment